【WordPress】投稿記事の最終更新日を自由に設定する方法

投稿記事が更新されるとWordPress内部では最終更新日が記録されています。それは内容に影響のない誤字等の軽微な修正を行った場合でも上書きされて記録されます。

この記事では、「最終更新日」に任意の日付を指定可能にし、記事内容の更新に合わせて更新日を管理する方法について掲載しています。
 

PHPファイルの編集は自己責任で行って下さい。不具合が発生しても責任は負いかねますのでご注意下さい。

テーマによっては子テーマが付属していない場合があります。その場合は、テーマのPHPファイルを直接編集しないで、子テーマを作成し、作成した子テーマのfunction.phpから行ってください。

 

スポンサーリンク

任意の更新日を入力可能にする

function.phpに「更新方法」メタボックスを編集画面内に生成するコードを記述します。

PHPファイルに記述するコードについては、下記サイト【Thought is free】の記事を参考にさせていただきました。

 

function.phpを編集後、ファイルをFTPでアップロードして記事の編集画面を確認すると下図のようになります。

更新方法メタボックス
 

更新方法に合わせたラジオボタンを選択して更新すれば、該当する更新日に書き換えて更新されます。「修正のみ」を選ぶと更新日は変更されません。更新日を指定したい場合は、「更新日時」欄に直接入力すればその入力日で上書きされます。
 

公開日と更新日の比較は分単位までチェックします。
【通常更新】を選択していると、同じ日付でも更新する度に更新日に日付が上書きされていきます。
誤って更新日を登録してしまった場合は、【更新日時消去(公開日時と同じにする)】を選択して更新して下さい。

 
 

【更新方法】メタボックスの表示と配置

編集画面に追加された「更新方法」のメタボックスはドラッグ&ドロップで任意の位置に移動出来ます。初期状態では最下段に配置されますが、見やすい位置に動かして下さい。
 

もし、表示されていない場合は、右上部にある「表示オプション」の項目「更新方法」をチェックして下さい。「表示オプション」に項目がない場合は、追加したコードが機能していない可能性があります。
 

投稿画面などで表示される、折りたたみや移動が可能な枠のことをメタボックスと呼びます。「カテゴリー」や「タグ」、「公開」、「カスタムフィールド」などの枠がメタボックスです。